もう悩まない

最近は不妊に悩む夫婦が増えています

日本では、妊娠を希望している夫婦が普通に夫婦生活を送っていて避妊をしていないのにもかかわらず、2年間経っても子供ができない状態を不妊と定義しています。不妊治療とは、妊娠できない原因を検査し、妊娠しやすいようにするための治療のことです。 最近は晩婚化によって、不妊に悩んでいる夫婦が増えています。また、医療技術の進歩により不妊治療を受ける人の数も増えています。 昔は子供ができないのは女性の側に原因があるという先入観がありました。男性の側にも不妊の原因があるケースは多いということが知られるようになり、最近は男性も治療を受けることが多くなっています。 また、ある程度の年齢になってから結婚する夫婦も多く、結婚後すぐから不妊治療を始める夫婦も増えてきています。

病院での不妊治療の進め方

不妊治療で病院にかかると、まず最初に妊娠できない原因について調べます。といっても、はっきりとした原因があるわけではないのに妊娠できない、というケースも多いのです。 不妊治療では、そのケースにもよりますが、一般的には、基礎体温や検査などで妊娠しやすい日を調べ、自然な妊娠を目指すタイミング法という方法から始めることが多いです。この方法で一定期間たっても妊娠しなかった場合は、人工授精、体外受精といった方法を行うことになります。 以前は不妊治療を受けるのに抵抗があって、不妊に悩んでいてもなかなか病院に行かない人も多かったと言われています。最近は不妊治療を受ける夫婦が増加し、不妊に対する知識や不妊治療の方法も世の中に知られるようになってきました。今後はますます不妊治療を受ける夫婦の数は増えていくと考えられます。